医療法人社団 創生会 岸耳鼻咽喉科医院
岸耳鼻咽喉科医院
理念
院長挨拶
医院沿革
医院の概略
診察について
アクセス
お問い合わせ
求人について
医院だより
HOME > 医院だより
 
 
医院だより
 

「めまい」でお悩みの方に 〜 私のめまいはどこが悪くて起こるの? 〜


めまいの主な障害部位(末梢性)



めまいの主な障害部位(主に中枢性)



各めまい疾患の特徴

1.良性発作性頭位めまい症

原因
耳石器の機能異常と言われている。
特徴
頭をある特定の位置に動かしたり、寝返りをうったときなどに、短時間の回転性めまいが起こる。

軽い吐き気を伴うことがありますが、耳鳴りや難聴が一緒に起こることはありません。めまいを起こす頭位や体位をくり返しますと、めまいは次第におさまります。

2.メニエール症

原因
内リンパ水腫(内耳に水がたまる)といわれているが、まだよくわかっていない。
特徴
回転性めまい発作を繰り返す。
めまい以外に耳鳴りや難聴を伴う。
吐き気や嘔吐、冷感、血圧の変動などの自律神経症状も起こる。

めまい発作がおさまれば聴力は元に戻りますが、めまい発作を何回もくり返しているうちに、聴力は次第に悪くなります。

3.突発性難聴

原因
原因は不明であるが、内耳のウイルス感染、内耳の血流障害などが考えらている。
特徴
ある日突然に、耳が聞こえなくなり、激しい回転性のめまいを伴う場合がある。

めまいを伴う場合、大きなめまい発作は一度きりで繰り返すことはありません。めまいはいずれおさまりますが、聴力は早く治療しないと戻らないことがあります。

4.前庭神経炎

原因
ある日突然激しい回転性めまいが起こる。
特徴
風邪の後に起こることが多いといわれている

めまいの程度は強いことが多いです。大きなめまいは一度きりのことが多く、また、耳鳴り、難聴は伴いません。

5.聴神経腫瘍

原因
聴神経に発生した腫瘍
特徴
片側の耳鳴り、難聴とともに、浮動性のめまいを伴う。

腫瘍が大きくなると吐き気や意識障害を伴い、生命に関わる状態になることもあります。

6.脳梗塞によるめまい

原因
脳血管の血流量の減少や脳血管の閉塞
特徴
構音障害(言葉がしゃべりにくくなる)、意識障害(気が遠くなる感じ)、視覚障害(ものが二重に見えるなど)などの神経障害が主症状で、めまいは椎骨脳底動脈系の梗塞でよく見られる。

7.脳出血によるめまい

原因
脳血管の破裂による内部出血
特徴
出血した部位によって症状は様々で、頭痛だけの場合や半身不随に陥ることもある。
めまいは大脳出血では起こりにくく、延髄、小脳の出血でおこることがある。

8.頚性めまい

原因
頸部の骨、筋肉、靭帯の異常によるもの
特徴
首を回したり、伸ばしたりすることによって生じるめまいで、耳鳴り、難聴などの蝸牛症状は伴わない。
また、めまい以外に頭痛、嘔気、冷感、各種不定愁訴を訴えることがある。

9.椎骨脳底動脈循環不全症

原因
脳を流れる椎骨動脈の血流量の減少が考えられる
特徴
めまいと同時に視覚障害(ものが二重に見えるなど)や意識障害(気が遠くなる感じ)、構音障害(言葉がしゃべりにくくなる)伴う。

めまいの種類は回転性が最も多いですが、浮動性のものや眼前暗黒感もみられます。
このめまいは中高年の方や高血圧症、高脂血症がある人によく見られます。

 
葉
  医療法人社団 創生会
岸耳鼻咽喉科医院
〒392-0004 長野県諏訪市諏訪2丁目1-29    フリーダイヤル 0120-873364
TEL:0266-52-2025 FAX:0266-53-3325
 
Copyright c kishi-clinic. All Rights Reserved.
サイトマップ LINK